10代から偏頭痛で悩むアラサー女子によるサイト

その一口が地獄の入り口・・・?

偏頭痛は、原因がハッキリとしていないというとても厄介な症状。
いつも薬を持ち歩いている人も多いと思いますが、もっと自然に予防や対策が立てられるんですよ。

予防してくれる食べ物

ビタミンB2を多く含む食べ物は血圧を下げてくれる効果があり、偏頭痛を予防するとしても有名です。
ほうれん草や豚・牛などのレバー、魚肉ソーセージ、卵黄、納豆、ヨーグルト、アーモンドなどを意識して摂るようにしましょう。
また、マグネシウムは血管の収縮・拡張をコントロールしてくれるし、イライラしたり不安になったりするのを抑えてくれる効果も期待できます。
バナナや海藻、あさり、そしてこちらも納豆やアーモンドがオススメ食材です。
1日1リットル以上の水を飲むと偏頭痛が改善されたという報告もあるので、ぜひマグネシウムの豊富な硬水を飲むようにするのもいいですね。
血管の炎症を抑えると神経の刺激になりにくくなることから、オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物もオススメです。
サバやアジ、イワシ、サーモンなどの青魚、亜麻仁油、くるみなどが代表的です。

今痛い!という時にオススメの食べ物

日頃からの予防策も大切ですが、治したいと切に思うのはまさに痛い瞬間、ですよね。
そんな時にオススメなのが、甘い物。
偏頭痛はストレスや空腹による低血糖が原因とも言われています。
甘い物に含まれている砂糖でストレスの緩和、また低血糖を解消してくれますよ。
また、カフェインを多く含む飲み物もオススメです。
飲みすぎてしまうとより痛みが出てしまうので注意が必要ですが、コーヒーや紅茶など、拡張してしまった血管を収縮させてくれる作用があるカフェインはとても効果的です。
コーヒーは得意じゃないという人も、眠気覚ましのガムなどでなら手軽に摂れますよね。

偏頭痛持ちの人が避けたい食べ物

偏頭痛は、血管の拡張が原因と言われているので、それを助長する食べ物は避けたいですね。
血管拡張の作用があるのが、ポリフェノール。
一時健康に良いとかなり話題になっていましたが、チョコレートや赤ワインなどがその代表格です。
また、チラミンという成分にも要注意です。
こちらは血管を急激に収縮させる作用があるので、反動で血管の拡張が起きやすいんです。
ビールやチーズ、玉ねぎのほか、カカオ含有率の高いチョコレートなどには、やはり気を付けましょう。
ちなみに私は、生のネギ類を食べると頭痛を起こすことに気が付きました。
生の玉ねぎにはチラミンだけではなく、刺激物質「アリシン」が含まれています。
これも頭痛に原因になりやすいものだそうですが、こちらは加熱すると甘味成分に代わるようで、私も過熱後なら何の問題もなく食べられます。
そして、うま味調味料も偏頭痛を起こしやすいと言われています。
グルタミン酸ナトリウムと言うのですが、カップ麺やスナック菓子に特に多く含まれているようです。
頭痛で悩んでいる場合は、一度食事を見直してみるとよいでしょう。

その他にも教えて!gooなどで色々と偏頭痛によい食べ物の話題などがあります。
参考にして偏頭痛を改善していきましょう!

トップページへ