10代から偏頭痛で悩むアラサー女子によるサイト

どうして偏頭痛になるの?

人間全てに起こるわけでもない、偏頭痛(片頭痛)。
一体どうして頭が痛くなるんでしょうか?
実は、その原因はまだハッキリとはされていないようなんです。
一般的な頭痛の原因は、目や肩などの血流が滞ることで神経が刺激されることとされています。
血流が悪くなる、つまり血管が収縮されることで起こるのが普通の頭痛ですが、偏頭痛(片頭痛)の場合はその逆、「血管の拡張」が原因ではないかというのが、有力な説です。

偏頭痛が起こるワケ

偏頭痛は、ズキズキと脈打つような痛みが特徴です。
血流がドクンドクンと流れるのに合わせて神経が刺激されるので、そんな痛みになるようです。
偏頭痛が起こる原因として、脳の中にある、三叉神経というとても大きな神経が関係していると考えられています。
三叉神経は主に顔の感覚をつかさどる神経。
なぜかはわかっていませんが何かのきっかけで脳の血管が拡張され、その結果三叉神経が圧迫されることが、偏頭痛の原因とされているんです。
圧迫されてしまった三叉神経は、痛みの原因となる物質「神経ペプチド」を出します。
すると周りの血管が炎症を起こして更に拡張してしまうので、三叉神経への刺激がとうとう大脳へと伝わって、偏頭痛として症状が出てしまうんです。

血管を拡張する原因は不明、だけど…

ちなみに、脳の血管が拡張される原因の一つとしてストレスが考えられています。
ストレスを受けすぎることでセロトニンが大量に分泌されるのですが、このセロトニンは血管収縮の作用があります。 収縮するのなら偏頭痛につながらないと思いきや、このセロトニンが時間と共になくなっていく反動で、急激に血管が広がってしまうことがあるんです。

吐き気など、その他の症状が起きるワケ

普通の頭痛では起こりにくいのに、どうして偏頭痛の時は目がチカチカしたり吐き気があるんでしょうか?
それは、三叉神経への刺激が大脳に伝わる途中、その他の神経にも伝わってしまうから。
例えば後頭葉や側頭葉などといった、視覚や聴覚、嗅覚をつかさどる場所、そして嘔吐中枢といった場所に刺激が伝わってしまうからと言われているんです。
偏頭痛の頭の痛みのほかに光や音が気になる、臭いに敏感になる、といった症状があるのも、こういったことが理由だったんですね。

偏頭痛を予防するために出来ること

ハッキリとした原因がわかっていないのですが、自分でできる予防策はあります。
偏頭痛は普通の頭痛と違って、月または週に何度もあるものなので、その時どんな環境にいたかをメモしておきましょう。
例えば人ごみの中によくいたり睡眠不足だったり、そういった生活環境が偏頭痛を引き起こすことにもつながっていることが多いです。

偏頭痛を持っている人は意外と多いんですよね。
Yahoo!知恵袋なんかでもたくさん質問や回答がありますので、是非参考にしてみましょう。

トップページへ